開教ネットとは?


浄土宗の開教は、明治時代中期、浄土宗の宗祖法然上人のみ教えの伝道と、お念仏弘通の使命に情熱を注いだ数人の先哲により始められ、その法燈は、今もなお志を同じくする人々により引き継がれております。

現在では、海外4カ国(アメリカ・ブラジル・オーストラリア・フランス)に、開教活動の拠点として、ハワイ開教区(13ヶ寺)・北米開教区(2ヶ寺)・南米開教区(4ヶ寺)・オーストラリア開教地(1ヶ寺)フランス開教地(1ヶ寺)を設置、現地に僧侶(開教使)を派遣し、組織的な開教活動を展開している他、日本国内においても、大都市部を中心に新たなお念仏の拠点となる寺院の建立(現在、20ヶ寺)を通じたお念仏の弘通につとめております。 浄土宗の開教活動は海外・国内ともに多くの念仏信仰を求める人々の声に励まされながら、あらたなお念仏とのご縁の提供に努めております。

浄土宗開教ネットでは、このような海外・国内における浄土宗による開教の今をお伝えすることで、皆様と宗祖法然上人の尊いみ教えであるお念仏との、新たなご縁が結ばれるきっかけになることを願っております。

定期出版物